スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くすぐり姫の狩猟 その4(完)

「どうですか、先輩?くすぐったいですか?」
「も、もちりょん……あはっ」
「ですよねー」

美沙の体は火照り、完全に脱力しきっている。
もういい頃合いだろう。
柚子は右腕で美沙を抱きかかえるようにして、指先で左脇腹の弱点に触れる。
同時に、左手は美沙の首筋に持っていく。

「せっかくのお昼休みにこんなことに付き合ってもらって、先輩には悪いと思ってるんですよ」
「えっ……ううん、そんなことないよ。プリント運ぶの手伝ってもらったし…」
「でも、こういうの、ヤじゃないですか?」
「うん、嫌じゃないよ…ちゃんと手加減してくれたし」
「(なんというか、本当にいい先輩だなぁ)」

誠心誠意をこめてじっくりくすぐってさしあげて正解だった。
柚子は美沙の弱点を優しくつつきながら、猫をあやすように首元をこちょこちょとくすぐる。
あとは、素直に訊ねるだけだ。

「じゃあ、正直に答えて欲しいんですけどー」
「…ふふっ……何?」
「くすぐったいのって、どうですか?」
「……ぅんん…?」

質問の意味がよく分かっていないようだ。
美沙は、くすぐられている首を回して柚子の方を向く。

「くすぐられると、くすぐったいですよね」
「えっと…?うん、それはそうね」
「でも、それだけですか?
 苦しいーとか、意外と楽しいー、とか何でもいいから…先輩がどう感じたのか聞きたいです」
「……うん」

今日の成果はこの返事にあると言っても過言ではない。
柚子は美沙の瞳を見つめ返し、固唾を飲んで返事を待つ。

「ちょっと言いづらいんだけど…」
「はい」
「変に思わないんで欲しいんだけど…」
「はい」

柄にもなくどきどきしてしまう。
背後から抱きついているのだから、心臓の鼓動が速くなっているのはバレているだろう。

「……ちょっと、気持ちよかった…かも」

そう言って、ぷいっと正面に顔を戻してしまう美沙。
気持ちよかった。気持ちよかった。気持ちよかった。
柚子は確認するように脳内で反芻してみる。

「っごめん、今の無かったことに…」
「先輩っ!!」

ぎゅうっと美沙を両腕で抱きしめる柚子。

「無かったことになんてしませんよ。すっごい嬉しいんですから」
「……姫ちゃん」
「あ、でも1回目から気持ちいいっていうのはー…少しやらしいかも?」
「姫ちゃん!」
「くくっ、冗談ですよー」

腕に更に力をこめ、大きな達成感と喜びを噛みしめる柚子。
「楽しかった」ぐらい言わせるつもりではいたが、こうも上手くいくとは。
それに、美沙に自分の趣味を受け入れてもらえたのは素直に嬉しい。

「まぁ、私のテクニックにかかれば―」
『きーん こーん かーん こーん』

柚子の台詞を遮るように予鈴が鳴った。
2人は顔を見合わせると、名残惜しそうにゆっくりと立ち上がる。

「空気を読まないチャイムですねぇ。まぁ、今日はこんなところで」
「うん。じゃあ、行きましょっか」

美沙はブレザーのボタンを閉じつつ階段を降り始める。
3年生の教室は5階なので、当然ながら数秒で着いてしまう。

「ではでは、また」
「またね」

手を振って教室に戻っていく美沙を見送りながら、彼女の体の感触を思い返す柚子。
着やせすることを知っているクラスメイトはいるだろうが、触り心地まで知る者はそういるまい。
美沙の姿が見えなくなると、柚子はなんとなく誇らしい気分で階段を降りるのだった。
今日の狩りは成功も成功、大成功。
これなら退屈な午後の授業も気分良く迎えられる。


                                       くすぐり姫の狩猟  おしまい。
スポンサーサイト

くすぐり姫の狩猟 その3

「こしょこしょこしょ…」

耳元で囁きながら、指を小刻みに動かしつつ、腰から肩の方へと撫であげていく。
着やせするタイプなのか、こうして触ってみると中々肉付きがいい。
美紗の腰が無意識にピクピクと震えるが、それでも意識して逃げようとはしない。
これは義務感の強さの表れか、それとも奥底に秘めた被虐心の表れか。
流石の柚子にもそれは分からない。

「この辺が弱いみたいですね」
「ぁはっ!?」

目星をつけた場所に指先を食い込ませると、甲高い声が上がった。
強烈なくすぐったさに、美紗は思わず腕と体で柚子の手を強く挟み込んでしまう。

「くすぐったかったですか?」
「凄く…びっくりした」
「じゃあ今度は少し弱くしますから。力、抜いて下さい」
「あ、うん、ごめんね」

恐る恐る両腕の力を抜き、美紗は柚子の手を解放した。
柚子が発見した彼女の弱点は、腋の下。
脇腹と腋の境目の辺りのポイントだ。
僅かに触れただけでも他の場所とは反応が一段違う。

「いきますよー。リラックスして下さいね」
「…うん」

弱点に中指をあてがわれると、美紗の体にやや力が入った。
優しく下ごしらえをしたとはいえども、これは仕方ない。
いきなりここから攻めていたら、今よりもっと強張っていただろう。

「どうです?もう笑っちゃいます?」
「っ、あはははっ!」
「じゃ、このくらいなら?」
「ぷふっ……く、くしゅぐったいよ…」

Yシャツ越しにくりくりと小さな円を描くように中指を動かすと、薄い肉を通して骨の感触も伝わってくる。
ごく僅かずつ力加減を変え、柚子は美紗が笑ってしまうかどうかギリギリのくすぐったさを見極めているのだ。

「っくく……ぁはは…」
「これなら我慢できますよね」
「うっふふ、あっ、無理かも」
「大丈夫ですって」

何が大丈夫なのだろうか。
言っていて自分で笑ってしまいそうだが、そう言われた美沙が健気に頑張ってくれるのだから問題無い。
柚子は適度な加減を見極めると、そのくすぐったさを維持し続ける。

「痛かったりしたら言って下さいよ」
「んん……痛くは、ないけどっ…」
「痛くなくても、辛くなったらやめますからね」
「辛くもない…かな…」
「良かった。なら続けますよ」

会話を誘導し、少しずつ行為を受け入れさせていく柚子。
耐えられる限界のくすぐったさに慣れさせると、今度はそのレベルのくすぐりを上半身全体に広げていく。

「ほら、こちょこちょこちょ」
「うふふふっ!ダメ…あっははは…!」
「なるべく我慢して下さいねー」

必死に我慢する美沙。
くすぐりの強さ自体はなんとか耐えられるレベルなのだが、柚子の手は一箇所に留まっていない。
脇腹をつつき、下腹を撫で回し、背中を触れるか触れないかのタッチでなぞり上げる。
美沙は小動物のように体を這いまわる柚子の両手に翻弄されていた。

「…っく、ぷぷっ…」
「リラックス、リラックス。無駄な力が入ってると余計に疲れちゃいますよ」

優しく声をかけながらも、手の動きは止めない。
くすぐったさを体の奥底に蓄積させるように、噴き出さない程度のもどかしい刺激を与え続ける。
そうしている内に、美沙の体に入っていた力が少しずつ抜けていく。

「だいぶ我慢できるようになってきましたね」
「ううーん…ぅんっ、そうかな……っくく!」
「こういうくすぐり方なら、慣れちゃえばマッサージみたいなもんですよ。
 私にくすぐられた後って、みんな満足そうな感じだったでしょう?」
「うん…ぁ……ふぅーっ…」

堪えきれずに笑い声を上げるというより、長い吐息を漏らすような状態になっている美沙。
ぐっと閉じていた口元が緩み、白い歯が覗いて見えている。
このまま続ければ涎を垂らしてしまうかもしれない。

くすぐり姫の狩猟 その2

「ここなら誰も来ませんよ」

階段を昇りきり、最上段に腰掛ける柚子。
開いた両足の間をぽんぽんと叩いて促すと、美紗はおずおずとそこに収まった。
柚子の鼻先にかかる、ふわふわとした黒髪。
そこからは何ともいえない良い香りがした。
思わず後ろから肩を抱くと、美紗の緊張が伝わってくる。

「先輩、安心して下さいって。何もやましい事をするわけじゃないんですから」
「あ、うんうん。そうよね」

そう応えつつも体は強張ったままだ。
考えてみれば、美紗も柚子によって爆笑させられている琴音か誰かの姿を見たことがあったかもしれない。
だとしたら緊張していて当然だ。
これはまず、じっくりと身体と心の緊張を解すべきだろう。

「大丈夫ですよ。先輩が嫌がるような触り方はしません」

そっと手のひらを脇腹にあてると、ピクッと美紗の身体が跳ねた。
そこからいきなり本気でくすぐるようなことはせず、柚子は優しくそこを撫でる。
冬服のブレザーの上からなので、そこから美紗に伝わる刺激はごく微々たるものだ。
美紗をリラックスさせるために、柚子は脇腹、お腹、背中……とゆっくり撫でていく。

「くすぐったいですか?」
「ううん。これは…別に平気」

例えば相手が「元気のいい後輩」だとしたら、廊下で挨拶がてら大笑いさせても問題無い(と、柚子は思っている)。
しかし、こんな今時珍しい「ほんわかした先輩」相手にそんなことをしたら、まるでいじめのようだ。
こういうタイプは丁寧に丁寧に料理していくのが柚子の流儀である。

「それじゃ、こういうのは?」
「んっ……ちょっ、ちょっとくすぐったいかな…」

人差し指でちょんちょんと脇腹をつつくと、美紗は半笑いでくすぐったさを訴えてくる。
その反応から、柚子は美紗の性質をある程度見抜いた。

「(これは……凄くやりやすいタイプだ)」

もちろん相手を選ばずくすぐりに酔わせる自信はあるが、それとは別の話。
さすがに割合は少ないものの、上手く開発すれば自らくすぐりを求めるようになるタイプがいるのだ。
口に出してくすぐりを希望しなくとも、仕返しを期待して柚子にちょっかいを出してくるような少女もいる。

「こことかどうですか?まだ我慢できます?」
「あはっ……う、うーん、ギリギリ…?」

笑いをこらえながらも、抵抗もせずに律義に答える美紗。
また、彼女はくすぐってくる手から逃げようとしていない。
許可を与えてくすぐらせているとはいえ、普通ならもう少し反射的に抵抗してしまうものだ。
柚子はこれらの細かい情報を統合し、美紗はくすぐりを受け入れやすい人間だと判断した。
その申し分ない容姿や押しに弱い性格も含めて考えると……これは滅多にいない極上の素材かもしれない。

「それじゃ、ちょっと失礼しますね」
「え、ちょっと、姫ちゃん!?」

反論する暇を与えず、ブレザーのボタンを外していく。
そしてその中に手を入れ、今度はYシャツの上から脇腹に触れる。
柚子は、こうやって上着に手を突っ込んだ時に感じる暖かさも好きだった。

「これはちょっと、恥ずかしいんだけどー…」
「別に問題無いですって、女の子同士なんですから」
「で、でも……っ…ふふっ…」
「大丈夫ですから。ね?」
「……うん」

ちょっと強く言うだけで反抗しなくなってしまうのが可愛い。
無茶なこともしてしまいたくなるが、柚子はその気持ちをぐっと抑え込む。
今の目的は美紗を屈服させることではない。
彼女にくすぐりを受け入れてもらうことだ。
下手な攻め方をしてくすぐりにマイナスイメージを持たれてしまっては元も子もない。

くすぐり姫の狩猟 その1

昼休み。
「今日はなんとなく別の学年の子にちょっかいを出したいなぁ」
などと考えながら、姫川柚子は廊下を徘徊していた。
クラスメイトや同学年の友人とだらだらするのが定番コースなのだが、
今日はなんとなくパターンを変えたい気分になったのだ。
とりあえず別の階に行こうと階段に向かうと、上の階から見覚えのある少女が降りてきた。

「長沢先輩」
「ん?あぁ、姫ちゃん」

柚子に呼びかけられ、柔らかな笑みを返す少女。
3年生の長沢美紗である。
学年平均よりも少し身長が高く、やや癖のある黒髪を肩にかかる程度の長さに揃えている。

「どうしたんですか、その山盛りのプリントは。職員室に持ってく感じですか?」
「うん。松本先生からの課題なんだけど、なんか私が持ってくことになっちゃって…」

美紗はどうにも押しに弱いタイプで、昔からよくこういった面倒な役割を押しつけられてしまっているのだ。
4月にくじ引きで学級委員になってしまって以降、その傾向はさらに強まっている。

「ダメですよ、先輩。たまにははっきり断らないと」
「でも、誰かがやらないといけない事だから」

なんとまぁ良くできた人間だ。
感心しつつも心配になってしまう。
柚子はプリントの束の上半分ほどを受け取ると、美紗と並んで階段を降り始めた。

「えっ?」
「暇だし付き合いますよ。さっさと運んじゃいましょう」
「…ありがとう。姫ちゃんはいい子ねぇ」
「いや、先輩には負けますって」

別にやらなければいけないこともないし、このくらいは手伝って当然だ。
それに、何の見返りも求めていないわけではない。

_________
_____________
__________________

「「失礼しましたー」」

ぱたん、と職員室の扉を閉める柚子。
腕時計を確認すると、昼休みが終わるまでにはまだ20分もある。
あまりのんびりとはできないが、やりたい事をやるのには足りる時間だ。

「ごめんね、手伝わせちゃって」
「いやいやいや。私と先輩の仲じゃないですかー」

そこで美紗の両手を掴み、柚子は上目遣いで彼女を見上げる。

「―けど、もしもご褒美をもらえるんだったら、凄く嬉しいなぁと」
「ご褒美?」
「私の趣味、知ってますよね?」
「………あっ」

目を丸くしていた美紗だが、すぐに気付いたようだ。
白い頬に赤みが差している。

「あの…くすぐり、で合ってるよね?」
「です。あー、先輩みたいな可愛い子をくすぐれたら幸せだろうなぁ」
「そんな、私、絶対可愛くないし…」
「それは私が決めることです」

柚子は両手にやや力を込めて、真摯な表情で美紗を見つめる。

「えっと……でも…」
「先輩。いいですよね?」

ちょっと強引かなと思いながらも、視線を逸らさないまま押し切りにかかる。
今なら自分に対して「手伝いをしてもらった」という借りがある。
これで駄目ならまた別のチャンスに賭けるまでだ。
そして待つこと10秒。

「……うん」

そう呟いて、美紗は小さく頷いた。
「よっしゃああぁ!」と叫びたい気持ちを抑え、にっこりと笑う柚子。

「ありがとうございます!私、前から先輩と仲良くしたいなって思ってて」

偽らざる気持ちだ。
なんだかんだで学年が違う人間と触れ合うにはきっかけが必要だし、相手が上級生なら尚更である。
美紗は胡桃が部長を務めている美術部に所属しており、柚子はその繋がりで何度か軽く話したことはあった。
なので前々から親睦を深めたいとは思っていたのだが、いかんせん機会がなかった。

「じゃあ先輩、上行きましょう」
「上?」

きょとんとした顔の美紗の手を引き、柚子は階段を上がっていく。
ここ、職員室があるのは2階。
3~5階はそれぞれ1~3年生の教室になっている。
階段ですれ違う少女達のうち何人かが「あ、今日も1人捕まってる」といった視線を向けてくるが、気にしない。
柚子は美沙の手を離さないまま5階まで駆け上がり、更にその上へと向かう。

「姫ちゃん、この上って…」

屋上へ続く扉の鍵は施錠されており、そこから外に出ることはできない。
つまり、5階から屋上へ繋がる階段は基本的に無人ということだ。
プロフィール

きびなご 

Author:きびなご 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。