スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンハン

ザ・ベストで安くなったモンハンを買ってきました。
最初に選んだ武器は狩猟笛。
早いとこ操作に慣れて友達と竜とかフルボッコにしたいです。

本当はハロウィンっぽい小洒落たネタでも書きたかったんですが、

幼女「とりっくおあとりーと!」
紳士「ほぅ。お菓子がなければ悪戯していただける、と」
幼女「えっ…?」
紳士「我が家にはチョコレート1枚ありません。さぁ、遠慮なさらず」

といったマジキチな話しか思い浮かびませんでした。
狩りに行ってきます。
スポンサーサイト

珍しいからこそ

偶発的なモノが見たいわけです。
売ってるDVDに目当てのシーンが入ってるのは当たり前じゃないですか。
よっぽど出来が良くないと「いやー得したなー」って気持ちにはなれませんよね。
逆に、日常において唐突に萌えシチュが訪れれば、何も期待してなかった分だけ喜びも大きくなります。

例えば例えば。
電車で座っていて、目の前の制服少女が吊り革に掴まるために腕を上げるというシーン。
その時、一瞬だけ半袖の奥の腋が見えたりしたら「今日も1日頑張ろう!」という気持ちになれますよね。
本人にとっては何でもない動作にフェチズムが隠れているのです。
あるいは、路地で目の前を歩いてるOLさんが段差につまづいて、おまけに靴が脱げちゃったりしたら……
そりゃもう普通は「地球の為に何かしよう!」って思いますよ。人間ですもの。
ハプニング系の場合は、その後の恥じらいも合わさってポイントアップ。

これを「日常の小さなハプニングや驚きを楽しもう」ってまとめると、なんか少しいい話に聞こえますよね。
皆さんも、日々の生活を充実させるためにも節操無く萌えていきましょう\(^O^)/

ブレイクタイム

メイキングの超スルーぶりに戦慄してたんですが、一縷の望みを託してブログ拍手チェックしたら
Cさんがコメントしてくれてました。
ありがとうCさん、貴方は地上に舞い降りた天使だ……ちなみに初のブログ拍手コメントでした。
あらためて自分の力の無さを痛感できたんで、メイキング2はもう少し作りこんでからアップしますよ。
今年中にはなんとか。

という訳で、今日は暇な時に描いてた社会派4コマを貼ってスマブラしてきます。
8

メイキングその1

長門にでんぐり返しさせたい!(関東の挨拶)
昨晩中に更新したかったんですが、21時ぐらいから今まで食べ過ぎで寝込んでました。
さておきメイキング第1回。
予定通りに「魅惑の振動」でやりますよ。
あくまで私のやり方なので、暇潰し程度にのんびり読んで下さい(^ω^)

~プロット~
プロットというと難しげですが、要は「どんなの書こうかなー」ってことです。
私の場合は、最初に書きたいシーンとか使えそうなネタとかを箇条書きにしていきます。
コツとしては「使えそうかな?」とか考えずに何でも書くことです。
このSSの時は、確か……

1:久々に電気あんま書きたい
2:いつも長くなっちゃうから短くまとめたい
3:のんびり屋さん×運動娘
4:「くすぐったい」→「気持ちいい」の変化
5:逆襲オチ?

こんな感じです。左の数字は説明の為につけました。
いや、本当にこれだけなんですってば。SSによっては倍くらい書きますが。
SSってのは書きたい物があれば誰にでも書けるものだと思ってます。
で、これをベースに色々考えていきますよ。

1+2→短くするには……くすぐりとか、本筋と別の要素はカットするべきかも。
    なら登場人物とか道具も少なめがいい?
3→逆の方が自然だし、のんびり屋側が攻める理由が欲しい。
  あと運動系の子ならスパッツ安定か。外見・服装とかでのんびり娘との差別化を図ろう。
4→最初は本当に「くすぐったいだけ」にしたい。
  でも気持ちよさにシフトさせるわけだから、幼女過ぎると駄目。なら小学校高学年あたり?

大体こんな風に。
そして、今までの事を考慮してプロットを完成させます。
これも自分にさえ分かればいいんで箇条書きで。

・現代の日常モノ
・登場人物は小5の2人のみ。場所は片方の家。道具も無し。
・小学生なので時間帯は放課後、もしくは休日。
・電気あんまへの入り方
 のんびり娘「弟に電気あんまして泣かせてやった」
 運動娘「え、○○が?本当にー?」
 のんびり娘「信じてないなら試してみる?」
・最初は震わせるだけ→疲れさせてから利き足に変えて本番
・事後、のんびり娘は満足して寝ちゃう。運動娘が先に起きて逆襲フラグ立てて終わり。

プロット完成。わー。
要は自分で「こういう理由でこの設定にした」って納得できればOK。
短いSSの場合はこんなもんで、あとは考えながら実際に書いていきます。
その手順は第2回以降で。
メイキングとか言っといてかなり適当ですが、こんなんでいいんですかね。

やっちゃいますよ

10年ぶりくらいに机の掃除をしたら、自分が初めて書いたSSが出てきました。
当時は携帯を持ってなかったから紙に手書きっていう。
ネタはスパイラルのひよの×理緒。
さすがに自分でも「最初から百合かよ!」と突っ込みました。
途中で終わってる上に出来は酷かったですけど、懐かしい気分になりました。

それ自体はわりとどうでもいいんですが、拍手で「文の書き方教えろハゲ(^ω^)」みたいなメッセージが
きたんですよね。
で、私は人が絵を描いてるのとか見るのが大好きなんですよ。
早い話が前々からやりたかったので、需要は極僅かでも
「こうやって書いてるよー」というネタをやってみたいなと。
「講座」とか言うと死ぬ程おこがましいので、「メイキング」みたいな感じで。
ほら、読んだ人が「へー。この程度なら俺でも書けんじゃね?」って文章に挑戦してくれたら
最高に楽しいじゃないですか。
なんだかんだ言って文は絵よりは敷居が低いと思うんで、未経験の人にも気軽に挑戦して欲しいです。
ぶっちゃけ、私には文章力とか無いですからね。
それでもなんとか書けてます。

予定としては、比較的最近に仕上げた「魅惑の振動」あたりを使って書こうと思ってます。
わりとシンプルで短めですし。
そんな訳で、暇な人は少しだけ期待してて下さい\(^O^)/

私信:Cさん、リンク修正しときました。これからfc2仲間ですね(^ω^)

ばたんきゅー

今日でこのブログも1ヶ月です(頑張った!)。

馬車馬のように働いてる時に思ったんですが、疲れてる子っていいですよね。
おや、「コイツまた頭が沸いたこと言ってるよ…」とか思いましたね?
その通りですよ。業の深い人間なんです。

この場合の疲れてるっていうのは「あーよく働いたー!」って感じではなくて、「もう無理…一歩も動けない」という状態です。
擬態語で表せば「へとへと」。
マラソンとか終えた子がグラウンドに仰向けに寝転んでたら萌えるじゃないですか。
もちろん、汗だく+乱れた呼吸のオプション付き。
体操服がちょっと乱れておへそが見え隠れしてたらもう三倍満。
別なシチュとしては、勉強が苦手な子がようやくテスト期間を終えて机に突っ伏してる状況とか。
この場合はオーバーヒートした頭から湯気が出てるイメージですかね。

運動にしろ頭脳労働にしろ、人は疲労すると余裕が無くなってきます。
いつもクールなあの子だって例外ではありません。
無口娘が気の緩みから大あくびをしてしまって、一瞬後にハッと口を押さえるという流れが鉄板。
疲労から生まれる萌えは意外と多いようです。

ちなみにタイトルの「ばたんきゅー」ってのはぷよぷよの負け台詞からとったんですが、最近の子ってパズルゲームとかやるんですかね?
ぷよキャラの負けポーズは「あー、負けちゃった…」ってのが伝わってきて好きです。
無印もフィーバーも可愛いですよね。

神器

私にとって萌えて当たり前過ぎる物だからか、レオタードについて書いてませんでした。
レオタは良い物です。英語で言うと、マジパねぇ物です。

しかし「レオタのどこがいいの?」と訊ねられると、これが意外と説明しづらいっていう。
「あの形とフィット具合がいいんだよ」と言えば「悪くはないけど、じゃあスク水でいいじゃん」と返されてしまいます。
その突っ込みは的を射ていて、確かにぱっと見ではレオタとスク水はそっくりです。
やはり難しい……でも敢えて軽く語ります。
これを読んだ人が描いたり書いたりしてくれるかもしれませんしNE!

まず、レオタに限らず用途のはっきりした衣装ってのは萌えを生みやすいんです。
例えば「セーラー服」と聞けば、それを着た可愛い子が想像できますよね?
これが「ジーンズ」だと、着てるのはお姉さんかもしれなければ、禿げたおっさんかもしれません。
普通に着る人間が限られている「セーラー服」だからこそ、私達の想像が自然といい方向に向かうのです。

そしてレオタですよ。
ここまでの話を踏まえれば分かってもらえますよね。
レオタと聞いた時、私達はレオタから色々と連想するわけです。
レオタを着るのはもちろん新体操をやってる子。
しかも、手足がスラッとしなやかで体の柔らかい子である可能性が高いでしょう。
ほら、心の眼で見ればストレッチが見えてくるはず。
ん?おいおい、右の子とか足開きすぎだってwww
って、ちょっ!?カメラさん回り込んで!違う!下!!
……あ、少々取り乱しました。
とりあえずそんな感じで。
レオタが限定状況によってのみ使われる衣装であるからこそ、こうして具体的なイメージが湧くわけですね。

もちろん他にもポイントはあります。
レオタって珍しいじゃないですか。
そのレアリティも人気の一因となっていると思うんです。
スク水はまぁ義務教育期間に普通に見れる物ですが、レオタとなるとそうはいかず。
ブルマとも違って昔も今も存在する衣装なのに、生で見た経験のある人はかなり少ないでしょう。
そうそう見る機会が無いからこそ、我々の妄想はどんどん加速していくのです。

そこに体を捻った時の皺とか素材の滑らか感とか合わさったら、私みたいな奴は萌えざるを得ないわけで。
様々な要素が絡み合って生まれた、概念としてのレオタード。
私達はそれが存在するという奇跡に感謝の気持ちを忘れてはならないのです。


あ、そうそう。
こないだのスマブラ大会の日、同じ建物の1階体育館で新体操の練習やってました。
ロビーにレオタード+上着とかいう子らがたむろしてて、なんかもう\(^O^)/フィーバータイム!

雑記と拍手返信

万能ってのは往々にしてつまらないものです。
「パワー100・スピード100・テクニック100」より「パワー20・スピード150・テクニック20」の方が
キャラが立つってお話。
ジャンプで言うとアイシールドとか特にその辺の魅せ方が上手いですよね。
制約とかそういうのはハンタが凄い。
で、そういうのってどんなジャンルにもあると思うんですよ。
少なくとも、私は全身くすぐったがりの子よりも「ここだけはダメ!」って部位がある子が好きです。
全身を一箇所ずつ優しくくすぐっていって、弱い部分にマジックか何かで印を付けていく……
とかネタのストックはいくらでもあるんですが、実際に書くとなると別の話なんですよね。
「蜂蜜・ゴム手袋」のネバぬるコンボとか、思いつく度に書き留めてはいますけど。
そういう意味でブログってのは便利です。
サイトの方を更新する為にも、この時期から冬用に暖めていたネタを書き始めた方がいいかも
しれません。

そして、ザ・拍手返信のコーナー。
最近はようやく少しずつメッセージが贈られてくるようになりました\(^o^)/

>4コマの幼女はくすぐらないんですか?いざ植物姦!!!
けっこう素で存在を忘れてました。
続きをいつ描くか分かりませんが、暇な時にサイトからも行けるようにしておきます。

>\(^o^)/使いすぎワロタww
面倒なんでこれと(^ω^)しか顔文字登録してないんですよね。
オワタはどんな状況でも使える優秀な子です。

>白ニーソVS黒ニーソ、今日の気分はどっち?
ここは白黒ボーダーニーソによる調停を試みます。
片足ずつ白と黒ってのもお洒落。

>足コキしろよ。もしくはしゃぶれよ。
VIPからですね分かり(ry
高くつきますよ^^^

>モンハンなら月末に安いの出るお
これ、マジで助かりました。
PSPと一緒に今出てるのを買っちゃうとこでした。

>ロリイエロー超絶希望
ああいう上から目線キャラは苛めがいがありそうです。
ホワイト話の終わりぐらいにもちょこっと出したいんですよね。

ここ数日のこと

普通の日記っぽい記事も増やしたいんですが、どうなんでしょうね。
というか、ちょっと記事書けなかったらアクセス数が如実に下がってアワワ。
こう見えて意外と忙しいんですよ。

えー、週末は新しいメガネとシーンズと靴を買いました。
お給料日まで何を食べて生活すればいいんでしょうか。
昨日の夜はVIPのカルドセプトDSのスレで3戦ぐらい対戦しました。
wifi環境あるとマジでハイパー面白いんで、お金と時間に余裕のある人は是非どうぞ。
無い人が買うと私みたいな暮らしをすることになります。

そんで買い物してる時に思ったことなんですが、靴屋さんっていいなぁと。
可愛い女の子達が靴を履いたり脱いだりするところが見放題なんですよ?
あ、「それがどうしたの?」って人はいいです。そのままの貴方でいて下さい。
とにかく、靴に限らず何かを脱ぐって行為は魅力的だと思うんですよね。
仮に厚着の内の1枚を脱ぐだけにしろ、「1枚分薄着になった」ということは確かなわけで。
目の前でダッフルコートとか脱がれたらそれだけでキュンときます。
そんで靴なんか脱いだら足の裏とか見えますからね。凄い。
靴を履いた状態のくるぶしの良さも捨てがたいんですが、やはり裸足か靴下の方が好きです。
足の裏には「普段見えない」という腋と共通した萌え要素がありますし。
匂いフェチの要素はあんまり持ってないんですが、履き物を脱いで足の匂いを気にする女の子は大変よろしいと思います^^^

そうそう、プリティでキュアキュアな彼女達なんか戦闘後に体臭を嗅ぎあってるって噂ですよ。
私が流した噂ですけど。
あんだけアクションしてるんだから、番組終了時にはブーツの中とか凄いですって。
脱いだら絶対に足が「むわっ…」ってなってますよ。
いや、私が匂いフェチとかそういうことじゃくて、客観的事実として。うん。

金土日と

体に障るくらい忙しかったんで、更新は明日にでもゆっくりと。
超疲れました。

PSP買いました

今回はえろい話とか無い普通の日記ですよ。

買っちゃいました、PSP3000。
メモリースティックが無いと何もできないのには戦慄しましたが、それも用意しました。
とりあえずスカイプに繋いでみたり自分のサイト見たりしてます。
新型なだけあってさすがに高画質ですよ。凄い凄い。

ちなみにゲームはまだ持ってません。
月末にモンハンのベスト版が出るみたいなんで、とりあえずはそれを買おうかなーと。
何かオススメのゲームがあったら教えて下さい(^ω^)

成り上がり

下剋上っていいですよね。
いや、テニプリの話じゃなくて。
エロい話の中では、昔から奴隷×お姫様なんてのは定番中の定番。
「下人の分際で……私を誰だと思っているの!離れなさい、汚らわしい!」ってやつです。
しかし、下剋上というのはなにも相手が特別階級の人じゃなくてもいいんですよ。
本当に偉い人なんてそんなに沢山いないんですから、あんまりこだわってたらシチュが限定されちゃいますし。
クラスの学級委員とか部活の部長さんとか、ほんの少し立場に差があればそれで下剋上フラグ成立。
え?ピンとこないって?
よろしい、例を挙げましょう。

~~~
ごく普通の中学校の帰りのHR。
職員会議があるとかで、先生は既に教室にいません。

副委員長「連絡は以上です。それでは、何か話し合った方がいいことはありますか?」
生徒A「はーい!」
副委員長「はい、仲村さん」
生徒A「委員長の石戸谷さんが最近厳し過ぎると思います」
委員長「えっ!?」
生徒B「私もそう思いまーす」
クラスの皆「あたしもー」「私もー」
委員長「ちょっと!何言ってるの!?」
生徒A「だって委員長さー、こないだ私がDS持ってきたの先生にチクったじゃん」
生徒B「私のも一緒に没収されたし」
委員長「それは校則違反だからでしょ!」
生徒D「ルール全部守ってるのなんて委員長だけだよ?そういうのって協調性無いんじゃないかなー」
委員長「そんな理屈、通るわけが……」
副委員長「それなら多数決をとりましょうか。石戸谷さんが正しいと思う人は手を挙げて下さい」
クラスの皆「……」
副委員長「あらあら…本人以外に1人もいませんね。続いて、石戸谷さんは反省するべきだと思う人」
クラスの皆「はーい!」
副委員長「全会一致ですね。それでは石戸谷さん、反省の態度を示して下さい」
委員長「ふざけないで!あなた達、この事は先生に報告するからね!」
副委員長「なるほど。クラスの総意に従わないのですね?
     では……反省の色がない石戸谷さんにはお仕置きが必要だと思う人、手を挙げて下さい」
クラスの皆「はーい!!」
委員長「な……!?」

急展開に言葉を失う委員長さんに襲い掛かる左右の席の生徒。
抵抗も虚しく、お腹を椅子に乗せた四つんばいの姿勢を強制されてしまいます。
歯噛みしながら顔を上げると、そこには妙に嬉しそうな顔をした副委員長さんが。

副委員長「不本意ではありますが、これも石戸谷さんの為です。
     あなたが心の底から反省するまで、お仕置きはいつまででも続きますからね」
~~~

即興のわりに長くなってしまいましたが、大体こんな感じで。
下剋上の良さが伝われば幸いです。
ちなみに、当然ながらこの後はハイパーお尻ぺんぺんタイム。
口ごたえする度にスパーン!とやられて、あることないこと認めさせられるわけですよ。
可哀想に……誰だよ書いた奴…!


は?自分に仕えるメイドさん達に性的な意味で下剋上されたい?
誰ですか、そんな事を言ってる変態は。
あぁ、お風呂で「ご主人様、じっとしていただかないと洗えませんよ」とか「私達にはご主人様の体を隅々まで綺麗にする義務があるのですから」とか言われたいんですか。
それは私もさすがにドン引きですよ…少なくとも、全く理解できませんね。
さすがに自重した方がいいんじゃないでしょうか。
(全力でガッツポーズを取りながら)

体型

今どきな女の子はみんな痩せたい痩せたいと言ってますが、大半の男はガリガリに細い女性には魅力を感じないものです。
まぁ二次元ならアリなんですけど。
私は肋骨とか大好きなんで、昔は痩せてる子の絵ばっか保存してたもんです。
あの時の自分は何も分かっちゃいませんでした。
痩せてる子にもぽっちゃりの子にも、それぞれに良さがあるっていうのに。

例えばスパッツ。
スパッツに包まれた、華奢な子のキュッと締まった小尻。素晴らしいですよね。
つつきたくなって当然です。
しかし、ぽっちゃり娘のスパッツ姿も全く負けてはいません。
やや余り気味の肉厚な太股はギュッと締め付けられ、スパッツの中には柔らかくもなんとも密度の高いお肉が。
それを鷲掴みにしたくないだなんて、そんなのは紳士でも何でもない、ただの嘘つきですよ。

同じ衣装であろうと、着る人間によってその服の持つ意味が変わってくるってことです。
つまり、極端過ぎなければどっちの体型にも魅力があるんですよ。
肋骨をコリコリするなら痩せてた方がいいですけど、脇腹をつつくのならお肉がついてた方がやりがいがありますからね。
私なんかは最近では「ぽっちゃりな子に二重飛びをさせてお肉が揺れるところを見たい!」という通ぶりを発揮しています。
相変わらず痩せてる子の背骨もなぞりたいですけど。
そんな訳で、皆さんも食わず嫌いせずに色んな体型に萌えてみましょうNE!(^ω^)
(意訳:皆、どんどんフェチな絵を描いて!書いて!)

アルカナその3

最近はよく二次創作欲が湧いてくるんで、何故かなと考えてみたんですよ。
そしたらpixivとかで版権絵をたくさん見てるのが理由っぽくて、あらためて絵の影響力を思い知らされた感じです。
という訳で、今日は予告してたアルカナの続きですよ。

今までのはこちら
http://kibinagosan.blog105.fc2.com/blog-entry-8.html
http://kibinagosan.blog105.fc2.com/blog-entry-16.html

~~~

「ふん。言われなくても好き勝手にしてやるわ」
きらは冴姫の背後で立ち止まると、その場にちょこんと屈みこむ。
当然ながら、その姿は冴姫からは確認できない。
「いくぞ」
不自然に低い位置から聞こえた声に身を強ばらせた次の瞬間。

ドンッ――!

身体を真下から突き上げる衝撃に、冴姫の視界がガクンと揺れた。
「が……っ…!!」
まともに声も出せない。
一瞬頭の中が真っ白になり、何をされたのか認識するには更に数瞬を必要とした。
「こ……こんな…っ…」
「いい角度で入ったなぁ。どうだ、プライドの高いお前にはぴったりの躾だろう?」
きらはにんまりと笑い、合わせた両の人差し指をぐっと押し込んだ。
そう。
きらはスカート越しに冴姫に浣腸をしたのだった。
スカートとタイツ、そして下着を巻き込み、細い指が冴姫の尻の穴に刺さっていた。
「ほれほれ、逃げんと奥までブッスリだぞ?」
逃れようと必死に身体を仰け反らせる冴姫を嘲笑うかのように、きらはぐりぐりと指をねじ込む。
「…あぐっ……やめ…なさい……っ!」
完全に想定外の仕打ちであった。
あまりの異物感に鳥肌が立ち、額にじわっと脂汗が浮かぶ。

~~~

うちのサイトでは今まで扱ってなかったジャンルですし、正直どうなんでしょうね。
なるべく人を選ばないような描写・表現を意識してるつもりなんですが。
ちなみに本人はかなり楽しんで書いてます。

大会の結果

個人戦は予選敗退でしたが、ランダム3on3は優勝できました!
ほとんど仲間2人のお蔭とはいえ嬉しいです。
決勝は動画も撮ってたんで、久々に私の対戦動画がニコニコとかに\(^O^)/

で、明日はアルカナの続きが書けるかと。
微妙に人を選ぶ内容になりそうですが、そういうのを試せるのもブログのいいところですよね。

週末は大会

なので、土日は更新できないかもしれません。
書くペースが順調だったら、アルカナSSをまたちょっと投下できるかなーと。

アルカナの続き

大会が近くてハイパー練習タイムに入ってます。
幸いにも先月末のアルカナSSの続きがあるので、今日はそれを置いときますよ。

という日記のはずが、気付いたら日付変わってました。
さておき、ゆっくり読んでいってね!!!
前回のはこちら
http://kibinagosan.blog105.fc2.com/blog-entry-8.html

~~~

「いい格好だな、廿楽冴姫よ。少しは力の差が理解できたか?」
「ふざけないで!」
手足に力をこめるが、スライムはびくともしない。
逆に手首足首を引っ張られ、体を大の字にぴんと伸ばされてしまった。
「ぐっ…」
まだだ。
この距離ならば電撃が当たるかもしれない。
きら本体にまでは届かずとも、スライムの側にダメージを与えられる可能性は高い。
「喰らいなさいっ!」
一発逆転をかけて精神を集中する。
が、冴姫の体から電撃がほとばしることはなかった。
「んん?あぁ、雷を出そうとしているなら無駄だぞ。このスライムに掴まれている以上はな」
「なっ…!?」
絶望的な宣告に、冴姫は言葉を失った。
「貴様に仕組みを説明しても分からんだろうな。
 まぁ、早い話が電気を作っても全部こいつに吸収されるということだ」
「そんな…」
認めたくはないが、万策尽きてしまった。
無力さを痛感させるように、きらはいかにも見下した笑みを浮かべる。
「こんな勝負、最初から詰んでいるんだよ。お前は私にひれ伏す運命だったのだ」
「私をどうするつもり?」
アルカナも素の力も通じないこの状況は、どうやっても打開できそうになかった。
だが、心まで屈してはならない。
冴姫は自らを奮い立たせ、きらの視線を正面から受けとめた。
「私は絶対にあなたの奴隷になんてならないし、はぁとにも手出しはさせない!」
「くっくっく……いつまでそう言っていられるか見物だな。
 私はな、お前みたいなお高くとまった奴を泣かせるのが大好きなんだよ」
堂々ととんでもないことを言い放ち、きらはひょいとスライムから飛び降りた。
そして冴姫の周りをぐるぐると回り、全身をじろじろと観察する。
「さぁて、どうしてやろうか。
 全身雑巾絞り、電気あんま地獄、くすぐり尽くし…尻叩き千連発なんてのも悪くはないな」
何をされても耐える覚悟はしたものの、きらの呟く単語に背筋が寒くなる。
基本的にごく普通な女子中学生である冴姫にとっては、どれもあまりに辛い刑だろう。
「よし、決まったぞ!」
冴姫の不安をよそに、きらはこの上なく嬉しそうに宣言した。
「たっぷりと屈辱を味わわせてやるからな。せいぜい無様に鳴くがいい」
「…好きになさい」
なるべく感情を押し殺したつもりだったが、その声は僅かに震えていた。

~~~

また寸止めなの?馬鹿なの?死ぬの?
という感じですが、この後はまだ少ししか書いてないんですよ。
むしろ、拍手とかで反響があったからここまでスムーズに書けたというか。
これはかなりノリノリで書いてるんで、感想とか年中無休で待っていますよー\(^O^)/

動物さん

某映画を観た友人が「ポニョって幼女だし獣姦だしヤバいな!」みたいな事を言ってました。
ヤバいのはお前の頭だ。

しかし獣を愛する人々、いわゆるケモナーの人は国内外を問わず多いようで。
「ケモノ→動物→本能剥き出し→エロい!」という理論が確立されている以上、その人気は当然ですよね。
私はその辺りは初心者なんですが、海外では「外見がほぼ獣な獣人」の需要が多いように見えます。
一方、日本だと目に見えて「人間よりの獣人」が人気ですが、これはやっぱり擬人化ブームの影響が強いんでしょう。
今やpixiv内を「擬人化 ポケモン」とか検索するだけで桃源郷に辿り着けますからね。お世話になってます。
まぁ何というか、日本人の方が回りくどくエロさを求めた結果なんじゃないかなーと。

で、獣人さんをえろいシチュに放り込むとするじゃないですか。
その際には是非とも機械・道具を登場させたいものですよ。
「『動物』とある意味では対極である『機械』によって本能を剥き出しにさせられる」という部分がポイント。
数値とか色々と計りながら、なんてのもいいですね。


早い話がサーナイトに色々したいなってことです。
最近のポケモンはマジで可愛すぎでしょう。

本日は

再び修行日になったのでお休みです/(^O^)\
いやぁ、今日はかなり成長できました。
スマブラやってる人は対戦しましょうよ。マジで。

にしても、虹板に活きのいい変態さんがいましたね。
このVIP有数の美脚を誇る私をネタに使うとは……

こないだの話から派生して

媚薬は性能が高過ぎるせいで難しいわけですが、お酒は逆に使いやすいと思うのです。
現実に普通に存在するって部分からして、私みたいな日常系の話を書く人間には非常にありがたいっていう。
残念なことに、とても残念なことに、触手さんはコンビニには売っていないのです。

お酒は飲ませ方からして考えればきりがありませんからね。
・飲み物にこっそり混ぜておいて、「まさか…!」と気付いたころには前後不覚。ピンチ!
・不意討ちで首に腕を回して口移し
・1人が羽交い締めにして、もう1人が酒瓶を口にねじ込む
私に限らず、日本人なら2秒でこの位は思い浮かぶことでしょう。
シチュエーションとしては、キリッとした剣道部の主将が後輩に飲まされちゃう感じですかね。
武道の達人が飲み物ごときでふにゃふにゃになる辺りにロマンが溢れてるわけですよ。
呼吸が荒くなったり呂律が回らなくなるのもフェチ心をくすぐりますね。


え?「普段おとなしいのに酔ったら性格が急変する子に押し倒されたい」?
うわー、変態がいるわー。
しかもアレでしょ、お腹に跨がられて両手を床に押さえつけられたいんでしょ。
そんなの全く思いつきもしないし…
さらにその状態で「あれれ、抵抗しないってことは…もしかして期待してるんですか?」とか言われたいに決まってる。
マジで全っ然理解できないなー。(満面の笑みを浮かべながら)

今日と明日は

ハイパー修行DAYなので日記はおやすみです。

あ、何か「これで語ってみろよ!」みたいなテーマがあったら拍手とかコメントでお願いします。

おくすり

二次元にはよく出てくる「媚薬」。
便利過ぎるだけに、使い方がこの上なく難しい道具だと思います。
媚薬ってのは基本的には「悔しい、でも感じちゃう…ビクビクッ」な状況を作り出す薬じゃないですか。
まことに結構なアイテムです。
しかし、媚薬にあっさり目的を達成されちゃうとSS書きのやることが無くなっちゃうんですよね。
強気な子を匠の技や言葉でじっくり丁寧に追い詰めるのが素敵なのに、それが薬1つでおしまいじゃ…ね。
難しいところです。

なので、媚薬を使うならそれに見合ったシチュエーションを用意すべきだと思うのですよ。
最も基本なのは「媚薬を使った後に触ってあげない」という手法でしょうか。
自分からおねだりをさせるわけです。
他には、投薬前にどんな効果があるのか詳しく説明するなんてのもアリですね。
心理的な揺さぶりと媚薬との相乗効果がなんかこう、うん。そんな感じで。
ぶっちゃけ私的にはそんなにそそられる道具じゃないんで、逆に媚薬を使ったいいSSが読みたいところです。

ちなみに個人的に大プッシュな道具は耳かき。
引っ掻いてよし、引っ掛けてよし、ふさふさで優しく撫でるもよし。
むしろ普通に膝枕で耳かきしてもよし。
世間はもっと耳かきを評価するべきだと思います。

関節引っこ抜き

結論から言うと、起きても隣に女の子はいませんでした。

虹板の方で「関節外せば動けないからくすぐり放題じゃね?」「脱臼とか凄く痛いぞ」という話が出てたんで、今日はその辺を。
実は前々から「関節外すのってエロいな」と考えていたんですよ。
ああいうのって基本的には痛いみたいですけど、確か痛くないケースもありましたよね?
普通にはしゃいでる時に肩が外れて「あれ、動かね…」となった話を聞いたような。
つまり、絶対ありえないのでなければ「プロの技術で」とか適当な理由をつけてSSに関節外しを盛り込めるんじゃないかと。
というか関節技で押さえ込むとか羽交い締めとか好きなんで、積極的に取り入れたいっていう。


「(床に押さえつけられながら)うぐぐ……!離せ!ばーかばーか!」
「うるさいわねぇ…ちょっとおとなしくしていなさい」

ゴリッ

「あ…!?」
「はい、右肩外れた。痛くないでしょ?」
「なっ…やだ、戻して!早く!」
「大丈夫、あとで戻してあげるから。次は左ね」
「やっ、やああぁっ!」

ゴギッ

みたいな。
足も付け根から「ゴグンッ!」って感じに外しちゃったりして。
ストレッチとか骨鳴らしにフェチズムを感じる人なら分かってくれるんじゃないでしょうか。

姉とか妹とか

「姉とか妹いるやつが羨まし過ぎる」
「リアルでいると全く興奮しねーんだよw」

ほっとくといつまでも終わらないやりとりの1つです。
VIPでは週に2回ぐらいは見ます。
まぁ、実際のところそんなにいいもんでもないんでしょうね。
分かってはいるんですよ。
しかし、我々は夢を捨てきれません。
だって可愛い女の子は存在するじゃないですか。
だったら可愛い妹・姉がいる男も存在するじゃないですか。
ずるいですよ。

ここまで書いて気付いたんですが、私に姉や妹がいないという事実は変わりそうにないですね。
悔しいんでもういいです。もう寝ます。


(これで朝起きたら横で女の子が寝てるはず!普通よりちょっと可愛いぐらいでお願いします!)
プロフィール

きびなご 

Author:きびなご 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。