スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見切り発車

どの程度の長さになるかもちょっと分からなかったんで、とりあえず序盤だけアップしました。
これからどうなるんでしょうね(他人事)

■拍手返信
BY 名無しさん
>おお、期待して待ってます!

期待されたので頑張りました。
続きもなるべく早く投稿できるようにします。
スポンサーサイト

ぬるぬるでいちゃいちゃ その1

「すいませんでした!」

開幕土下座。
私は今、絨毯の床に頭をこすりつけている。

「いや、そこまでしろとは言ってないんだけど」

軽く引いた声が降ってきたので、私はおずおずと顔を上げて美空ちゃんの顔色を伺う。
そんなに怒ってはいないようだが、物凄く拗ねているように見える。

「そんなことより、さっきのが何だったのか説明しなさい」
「うん……」

そんなに大したことがあったわけじゃあない。
ただ放課後、私が友達何人かに胸を揉まれている現場に美空ちゃんが入ってきただけ。

「説明しろって言われてもそんな複雑じゃないんだけど」
「うん」
「まぁ、私のおっぱいは大きいわけですよ」
「うん」
「そんでたまたま『ちょっと触っていい?』みたいな流れになりまして」
「…うん」

あ、やばい。
美空ちゃんの表情が険しくなった。
でも今さら誤魔化すわけにもいかないから、私は説明を続ける。

「私もいつも揉んでる側だからあまり強く断れなかったわけで」
「……」
「彩ちゃん達に揉まれまくってる最中に美空ちゃんが迎えに来たと」

現場を目撃した美空ちゃんは私を置いてダッシュで帰っちゃって、私もそれを追って全力疾走。
校門を出て100メートルぐらいのとこで何とか追いついて、何とかなだめすかして我が家まで案内しましたと。
9月とはいえまだまだ暑いわけで、私達は現在汗だく状態。
説教はいいんだけどクーラーはつけてもいいかなぁ……って、美空ちゃんがバラモスぐらいなら殴り殺せそうな顔をしてらっしゃる。

「よーく分かった」
「うん」
「要はあんたがいっつも女の子にベタベタしてるのがいけないんでしょ!」
「すいませんでしたァー!」

再び土下座。

「前も注意したのに、私とクラス違うのをいいことにまだやってたんだ」

今度は許しが出ないので頭を下げ続けていると、美空ちゃんは椅子から立ち上がって私の背後へと回ってきた。
そして、何をするつもりかと訊く間もなく強く抱きついてくる。

「葵さぁ、最近ちょ~っと浮気癖がついてきてるんじゃないの?」
「いや、そんなことは…」

私の背中に覆いかぶさったまま、美空ちゃんが胸を揉んでくる。
クラスのみんなとは意味合いが違う揉み方。
もちろん嫌じゃないんだけど、いくらなんでもこの暑さは問題だ。
服が肌にべったりとくっついてくる。

「美空ちゃん……あの、お風呂入ってから…」
「分かってる」

美空ちゃんはただ胸を揉むだけじゃなくて、指先で乳首の辺りを擦っている。
制服と下着で遮られているっていうのに、何のヒントも無く正確にそこを探り当てていた。

「その体が誰のものなのか、きっちり教えこまないといけないみたいね」
「って言うと…?」
「ちょっと準備するから、先にお風呂入ってて。よーく洗っておくこと」

質問には答えずに私から体を離す美空ちゃん。
よく分からないけど、私がお風呂で何かされる流れ?
それで機嫌が直るなら全然問題無いんだけど。
何やら探し物を始めた美空ちゃんを横目に、私は期待半分不安半分な気持ちでお風呂場へと向かった。

「本当に洗っちゃっていいもんかね」

お風呂の定番プレイと言えば洗いっこだろうに、よく洗っておけっていうのはどういうことなんだろう。
まぁ、ここは素直に指示に従っておこう。
シャワーのコックを捻ってお湯を浴びると、べったりとした汗が流れていく。
タオルは葵ちゃん専用のも置いてあって、シャンプーやその他諸々は共用。
こういうのっていかにも付き合ってるっぽくていいよね。
先に頭を洗って、体も洗い終わろうというところでドアが開く。

「洗い終わった?」
「もう終わるー……って、何それ?」

全裸でお風呂場に入ってきた美空ちゃんの右手には私のスクール水着とヘアゴム。
水着は数日前に洗濯して干しっぱなしにしてたものだ。そっちはいい。
ヘアゴムも別にいい。
問題は、美空ちゃんの左手に握られた得体の知れないボトルだ。

「まず着る」
「はぁ」

つべこべ言っても仕方ないので、素直に着る。
あ、肌を濡らしてから着るのって凄い違和感あるね。

「で、髪は縛る」
「ほい」

渡されたヘアゴムで、言われた通りに髪をポニテ気味にまとめる。

「で?」

視線で再び問いかける。
美空ちゃんが両手でもてあそんでいるボトルには、何やら透明の液体が入っていた。
ちょっとどろっとしてるように見えるし、少なくとも水じゃないっぽい。

「ローション」
「……マジすか」

ローション。
言わずと知れたえろいアイテムだ。
ボディソープを使ったスキンシップはよくしてるけど、ローションは使ったことがない。
っていうかいつ買ったんだか。

多分

明日は時間がとれそうなんで、書けたらSS書いてアップします。
あくまで予定ですけども。
なんかまた微妙にアクセス数が増えているような気がしますね。いいことです。

ウワアァー

今週の頭から急に忙しくなって、何日かはPCに1秒も触れられないレベルでした。
余裕があったらなんとかSSを書きたいんですが、ちょいと難しいかもしれません。
場合によっては途中までアップするかも。
そういう更新の仕方って見る側からするとどうなんでしょうね?

あ、忙しい中でもガンダムEXVSはちょっとだけやってました。
ヴァサーゴも始めました。どの射撃武器にもみんな使いどころがあっていいですね。

■コメント返信オブジイヤー
BY T=Kさん
>さきゅさんと音丸さんのブースが賑わいすぎていて、
>思わず回れ右をしました。
>非常にもったいないことをしてしまったようです。

>あの中にきびなごさんを始め、
>他のくすぐり界の重鎮達が集まっていたのですね。
>ハァ━(-д-;)━ァ
>自分のチキンさに嫌気が・・・

なんとまぁ勿体ない…!
そこまで来ちゃったなら声をかけないと損というやつです。
まぁ別に重鎮とかそんな大それたものじゃないんですけど。
冬は、冬こそは語らいましょう。

新しいの書いてます

例の百合カップルの話を書いてます。
相変わらず平和にいちゃつくだけの話になる予定。
まだ1500文字ぐらいしか書いてないんですが、短編なんで来週中にはまとめてアップできるんじゃないかなと。
キーワードはずばり「ぬるぬる」。
ピンときた方はお楽しみに。

■コメント返信
BY ゼリーさん

>はじめまして!
>アクセス数の多さ、数十件程度でしたら、自分かも知れないです。
>小説置き場の方から飛んできて、過去ブログに遡って読ませていただきましたo(^-^)o

あー、そういう理由もあるかもしれませんね。
今さら本館からリンクを張った甲斐がありました。
こっちもよろしくお願いします。

夏コミレポ的な

早く書きたかったんですが、素で今まで忙しかったんですよね。
もう半月前の話ですし、軽めに書いておきます。

■適当に
3日目は特に狙ってる大手も無かったので、オフピークで12時頃に到着。
気温はずいぶん高かったものの、もう行列は無くなっていたので入場は楽でした。
しかし、毎度のことながら東西を繋ぐ連絡通路の暑さと湿気はやばいですね。
twitterを見たらブロッサムさんが1時半頃到着するようだったので、とりあえず目当ての本を1通り(せいぜい数冊)購入。
なかなかいい買い物ができました。
そんで外の日陰のベンチでうつらうつらしてたら1時半になったので、音丸さんとこに挨拶に伺ってからさきゅさんのスペースに。
さきゅさんは3回目にして初めてサークル抽選に受かったそうな。

少ししてブロッサムさんも来て、売り子の二七さんも一緒に雑談。内容をまとめると
・さきゅさんのやる気がやばい
・ブロッサムさんの忙しさもやばい(でもピークは過ぎたとか)
・私のも遊びぶりもやばい
・みんな色塗りは悩んでる
といった感じ。
何気に途中でちらっとRUIさんもいらっしゃったりして、会えると思ってなかったので驚きました。

で、アフターは秋葉に移動して喫茶店で体を休めてからヨドバシ上の中華料理屋へ。
創作の話メインでずいぶんと盛り上がりました。
本当は秋葉の散策も…という予定だったんですが、みんな疲れてたので夕飯を食べたら解散。
いい刺激になりました。

とまぁ、書いてみると特に変わった事をしてなくてアレですね。
あんまり書いた意味無いですね。
言い訳すると、半月経ってしまって具体的な会話内容をあんまり覚えてないわけですよ。
私は「これからはもっと絵もガチる」と繰り返し言ってた気がします。
まぁ、そんな感じでした。

■コメント返信
BY 音丸さん
>おつかれさまでした
>こんばんわ
>昨日はお越しいただいてありがとうございました。
>いろいろお話出来てすごく楽しかったです。

>お別れしたあと私はとらのあなと、パーツショップで
>もう1仕事して帰ったっためすんげー疲れました。

>きびなごさん、さっきゅんはともかくブロッサムさんやにーなさんとも
>いまや普通にお友達になれてすごく嬉しいです。

>また一緒に遊びましょう。

お疲れ様でした。
私は前日まで寝不足だったこともあって、さっさと帰って戦利品を読みながらのんびりしてました。
年に2回とはいえ、音丸さん達とはもう結構会ってますよねw
冬もまたよろしくお願いします!


BY 匿名希望さん
>なにこれかわいい。めっさかわいい俺の右栗保存が火を噴くぜえええ!
それにしても、外出後にガスの元栓やエアコン、玄関の鍵が気になって仕方がないのはなんなんでしょうかね。
>人間としての本能かなにかでしょうかw
>ルナサは受けに一票!よく妹二人にいじられてそうなイメージがあります

東方は結構好きなキャラがいるんですけど、服が大変そうなのもあって全然描けないという。
中ではプリズムリバー姉妹は描きやすい気がします。
そのうち東方でもくすぐり話とか書いてみたいところです。
プロフィール

きびなご 

Author:きびなご 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。