FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生徒会の飴と鞭 その5(完)

「お願いっ、お願いします!もう許して下さいぃっ!!」
「そう、お願いは敬語で。きちんと学習できていますね」

うんうんと頷く凛。

「優等生にでも、何にでもなりますからぁ…」

未来は涙声で服従を誓う。
もう、この天国と地獄の混ざったような泥沼から逃れられるなら何だっていい。
役員達の手の動きを止めるためならば、どんな約束だってする。

「よく言ってくれました。
 もちろん、今すぐに学年でトップクラスになれとは言いませんから安心して下さい。計画的・段階的に成績を上げていきましょう」
「はいぃ…」

いいから。
いいから早く話を終えて、この快楽漬けから解放して欲しい。
1度目や2度目よりは達するまでに時間がかかるだろうが、このままではまた痴態を晒すことになる。

「しっかり結果を出せば『飴』をプレゼントしますし、逆に怠慢が確認されればその『鞭』を受けてもらうことになりますからね」
「はいっ…」

1度目の絶頂はたまらなく心地よかった。
2度目も凄まじく気持ち良かったが、同時に辛さがあった。
このまま3度4度と続けられれば、それはこの上ない拷問になると思えた。

「では、話はこれでおしまいです」
「えっ……あ、はいっ!」

ようやく待ち望んでいた言葉が与えられた。
やっとこの責めが終わ――

「今日はあと8回。計10回ほどイっていただいて終わりにしましょう」
「はぃ……えっ?」

凛の言っている事がよく分からなかった。
いや、嘘だ。
さっきとは違って今回はすぐに理解できた。
理解できたからこそ、それが冗談や聞き間違いであって欲しいと願ったのだ。

「え…えっ、何て…」
「飴は最初に味わってもらいましたが、鞭はまだ途中ですからね。
 きちんと体験してもらってこそ『鞭を受けないように』と必死に勉強できるわけです」
「そんな、もう分かったのにいぃっ!」

あまりのショックに気持ち良さも忘れたが、それも一瞬のこと。
火照った体はまたすぐに快楽の渦に翻弄されてしまう。
未来には知る由もないが、このように希望を見せてから奈落に突き落とすのも凛のよく使う手であった。
こうして反抗心を完全に折っておけば、この先未来が凛に楯突く可能性がぐっと低くなる。

「ぁ…んっ、くうぅ…!」
「はい、これで3回目~」

胸を下から持ち上げるように揉まれながら乳首を引っ張られる刺激が、未来に3度目の絶頂をもたらした。
涙で視界が滲むが、性感の鮮烈さには全く影響を与えない。
あと7回も気をやるまでにはどれだけの時間がかかるのだろうか。

_____________
_____________________
________________________________


「会長、10回終わりました」
「あら、もうですか。思ったより早いですね」

凛は書類にペンを走らせる手を止めた。
未来の喘ぎをBGMに仕事を終えてしまうつもりだったのだが、少し残ってしまった。
首を上げると、すっかり精根尽き果てた未来の姿が目に入った。
少女達の手が止まってもその体は小刻みに震え続けている。

「未来さん、お疲れ様でした。と言っても聞こえていませんか」

役員達は慣れた手つきで未来の太股や顔を拭き、乱れた制服を整える。
そして、汚れないようにと途中で脱がせた靴と靴下を装着させてやると、表面上は生徒会室に運ばれた時と同じ姿になった。

「立てる?」
「ん…」
「あ、無理しないで下さいねー」

膝が笑っており、1人の役員の肩を借りてようやく立つことができた。
湿った下着は不快だが、そればかりはどうしようもない。

「今日はお疲れでしょう。次は明後日、木曜日のお昼休みにここに来て下さい」
「……はい」
「少しやり過ぎましたかね。小春さん、その辺まで送ってあげて」
「はーい」

未来にこの期に及んで憎まれ口を叩く度胸があるはずもなかった。
逆らえばどうなるのかは十二分に思い知らされている。
これ以上何かされる前にと、未来は小春と呼ばれた少女の肩を借りたまま足早に生徒会室を後にした。
扉を抜け、ぱたんと閉めたところでようやく一息つく。

「…はぁ」
「大丈夫ですか?」
「大丈夫じゃあないよ」

体を支えさせておいて何だが、後輩であろう小春をじろりと睨みつけてやる。
彼女だってれっきとした実行犯の1人なのだ。
肩を貸しつつ自分の荷物を運ぶのは大変そうだけれど、その位はやってもらって構わないだろう。

「会長っていつもは凄く優しいんですよ。だから、あんなに恐がらなくても大丈夫です」
「いや、いつもとか知らないし、知ろうと思わないし」
「うぅ…」

生徒会室に連れ込まれてから1時間以上が経過していたが、逆に言えばまだまだ校内にたくさんの生徒が残っている時間だ。
こうして廊下を歩いていると、数分前までの出来事が嘘だったようにすら感じられた。
しかし、未だに体の奥底に燻る余韻がそれを否定する。

「さっきの飴と鞭なんですけど、ちゃんと頑張ってれば飴だけ貰えますよ。
 会長自ら参加した時のアレは、もはや天国というか何というか」
「……あっそ」

聞き流すフリをしたが、胸中にいけない期待が膨れ上がるのが自覚できた。
凛のあの細長い指で責められたら、自分は一体どうなってしまうのだろうか。
彼女は優しくねちねちと追い詰めてくるのか。それとも、意外と乱暴に攻めてくるのか。

「あ、想像しちゃいましたね?」
「しっ、す、するわけないし!ばっかじゃないの!?」
「素直じゃないですねー。さっきはあんなに素直だったのに」
「っ、この…!」
「顔真っ赤。怒った顔もかわいいですよ、先輩」

いかにも無害そうに見えて、この少女も中々のやり手のようだ。
これから付き合い続けていかなければいけない生徒会のメンバーは、皆こんな曲者なのか。
想像するだけでますます気が重くなる。

「ここまででいいよ、鞄ちょうだい」

気づけばもう昇降口。
今日はもう、とにかく早く家に帰ってお風呂に入りたい。

「本当に大丈夫ですか?」
「大丈夫だったら」
「分かりました。っと、そうそう」
「ん?」

鞄を受け取りながら小春の顔を見ると、彼女は悪戯っぽい笑みを浮かべている。
その表情はなんとなく凛の笑顔と似ていて、期せずして未来を驚かせた。

「先輩は今日から、どんなに頑張ってもオナニーじゃ満足できないと思いますよ」
「はぁっ!?ちょっ、馬鹿っ…!」
「そんなキョロキョロしなくても、誰もいないじゃないですか」
「そういう問題じゃないから!」

この子はいきなり何を言いだすのか。
あたふたと狼狽する未来を諭すように、小春はゆっくりと話す。

「だってさっきの飴と鞭、私達以外にできると思いますか?そもそも誰にも頼めないでしょうし」
「そりゃ、まぁ…」
「それに、私達は先輩の大事なとこには指一本触れなかったじゃないですか。
 あれにも『自分1人じゃ再現できないように』って意味があるんですよ」

なんという念の入れようだ。
言われてみれば、生徒会の役員達は未来の股間にだけは全く触れてこなかった。
これでは、先程のことを思い返しながら秘部を弄っても不完全燃焼だろう。
あの生徒会はあくまで「全身を揉みほぐすことによってのみ」未来に性感をもたらしたのだから。

「まぁ、あまーい飴が欲しかったら勉強を超頑張るしかないってことですよ」

そう。
飴と鞭、それは両方とも未来を縛る鎖なのだ。
飴を得るためにも鞭を避けるためにも、凛が満足するだけの成果を挙げなくてはならない。

「ではさようなら。また月曜日に」
「あっ…」

くるりと踵を返し、未来を残して立ち去っていく小春。
何か声をかけようかと思ったが、まごついている間に彼女の姿は見えなくなってしまった。

「ここまで来たなら見送ってくれてもいいじゃん」

誰にともなく呟く。
次に生徒会室に行くのは木曜日。たった2日後だ。
それなのに「2日もある」と考えている自分に気づき、未来は1人で赤面する。
凛の思惑通りに調教されてしまったようだが、この呪縛を解く手段は思いつかない。

「○○大ねぇ……いーよ、何学部だって合格してやるっての!」

やると決めたら行き着くところまで行くしかない。
半ば投げやりに決意表明すると、未来は先ほどまでよりしっかりした足取りで校舎を後にするのだった。


そして、余談ではあるが2日後の話。
学校に教科書を一冊も持ってこないという習慣がばれたことにより、未来は早くも2度目の「鞭」をその身に受けたとか。


                                        生徒会の飴と鞭 おしまい。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

おお、久々に来たら続きが…。きびなごさんの書くエロは大好きです。描写がいちいちエロい!

エロいです
こういうシチュは書き尽くされた気がしていたけど、新鮮にエロいです

No title

最高
あと8回と言われたあとの、やられてる最中の描写も見てみたかったり
プロフィール

きびなご 

Author:きびなご 
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。